2008年12月02日

コホッ ゲホッ ガ〜

寒さも厳しくなり、巷では新型インフルエンザのニュース。がく〜(落胆した顔)

ベル家では予防接種を一応受けました。あせあせ(飛び散る汗)



ベルは2日前より、時々喉の奥に何かが引っ掛かっているような声を出してました。


寝ている布団の綿をかじって食べたのか?

それとも、何か張り付いているのか?


なんて思っていたら、その内に普段と変わらなくなったので、様子をみていました。



しか〜し、

昨日、

同じ様な症状が出たので、受診することとなった。



誤飲を心配していたのだが、同じデカワンFCのルナママさんのブログに、ベルと同じ様な症状の事が載っていたのだ。

なにない・・・

「喉の奥に魚の骨がかかっているような咳をする」

「咳以外の状態は良く、食欲もある」


ベルと同じ症状ではないかexclamation

で、病名は



ケンネルコフ???


初めて聞いた病名。


ケンネルコフとは、仔犬がなる病気なのか?


ベルは2歳6ヶ月だけど、精神年齢が低いと発症するのか?


なんて思いながら、早速受診してきました。がく〜(落胆した顔)






咳を主症状としているが、誤飲の有無も確認する為、さっそくレントゲン撮影へ。

大丈夫かな?と思ったが、大人しく寝て撮影されている。わーい(嬉しい顔)

撮影時にベルの足だけ見えたが、あまりにも大人しすぎて笑ってしまった。わーい(嬉しい顔)






数分後、レントゲンを見ながら説明を受けると、


「気管支炎でしょうねー。気管支に炎症所見が出ています。」

「肺炎までは移行していません。」

「予防接種しているので、ウィルス感染ではなく、細菌感染の疑いが濃厚です。」

「ケンネルコフも否定できません。」

「お薬を1週間分出しておきます。」


と言うことは、風邪ですか?


薬でよくなるのであれば一安心です。揺れるハート







今朝もしっかりお薬を飲んだベルさんですが、

ベルままが近づくと、咳をひどくする。ふらふら




ベルまま「ベル〜、大丈夫?早く良くなってね。」


なんて、言葉をかけてくれるのが嬉しいようだぴかぴか(新しい)


で、私が近づくと咳をしない。バッド(下向き矢印)


役者でんな〜パンチ




役者でも何でもいいから、



IMG_3963a.jpg


ベル




にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ プチットと押してね!


にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ プチットと押してね!
posted by ベルぱぱ☆ベルまま at 10:19| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記